THE 横浜DeNAベイスターズ

横浜DeNAベイスターズの2chまとめ特化サイトです!横浜DeNAベイスターズファンの方々へ有益な情報を発信してきたいと思います。

    ドラフト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/03(土)15:25:32 ID:rUO
    上茶谷←大学ナンバー1投手、新人王候補
    伊藤←大学ナンバー1スラッガーの二塁手
    大貫←社会人選手権11奪三振完投
    勝又←将来性抜群の本格派投手
    益子←甲斐キャノン並の肩
    知野←走攻守揃った内野手でまだ19歳

    引用元: ・横浜のドラフト、ガチで成功っぽいww ww ww w w

    【横浜のドラフト、ガチで成功っぽいww ww ww w w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/27(土) 12:42:53.08 ID:Hre2DqtK0
    1位上茶谷
    東洋3人の中では評価が1番高い。コントロールに定評。血行障害経験あり
    2位伊藤
    強肩強打の内野手で補強ポイントに合致。本人曰く2位で呼ばれるとは思っていなかった
    3位大貫
    ファンから1番評価が低い。球速も140前半が多く24歳でなぜ獲得したか疑問
    4位勝又
    コントロールがアバウトだがロマンがある。4位で残っていたのは美味い
    5位益子
    守備には定評があるが打撃はイマイチ評価されていない。第2捕手としては割とすぐに起用されるかも
    6位知野
    2位の伊藤同様強打の内野手だが守備に難あり。
    育成宮城
    最速140前半で線も細くこれからの体作りに期待
    スライダーはいいものを持っている

    引用元: ・DeNAのドラフト、マジで微妙すぎて良いのか悪いのか分からない

    【DeNAのドラフト、マジで微妙すぎて良いのか悪いのか分からない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/25(木) 11:12:18.16 ID:v4j0LKSN0
    今夏の甲子園大会で準優勝した秋田・金足農高の吉田輝星投手(3年)は24日、取材対応がなく静かに運命の日を待った。
    同大会で優勝した大阪桐蔭高勢を上回る注目を集めたドラフト1位候補に対し、この日までに指名を公表する球団は現れなかった。
    一方で、吉田を高く評価するDeNAは情報漏れを防ぐため、アレックス・ラミレス監督(44)にも当日まで指名選手を伝えない徹底ぶり。“一本釣り”の気配を漂わせる。

     嵐の前の静けさか-。吉田はこの日、取材対応がなく、公の場に姿を見せることはなかった。
    今夏の甲子園大会で話題を独占した右腕に対し、最終的に1位指名を公表する球団も現れず、ここにきて1巡目での指名がない可能性が出てきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00000015-sanspo-base

    引用元: ・金足農高・吉田、12球団1位公表なし…厳戒DeNAが一本釣りも

    【金足農高・吉田、12球団1位公表なし…厳戒DeNAが一本釣りも 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/25(木) 08:40:06.39 ID:2Wpl5MjAH
     DeNAの1位指名は東洋大・上茶谷が有力だ。即戦力の先発右腕として高く評価しており、チームの補強ポイントとも合致する。23日のスカウト会議で1位指名を含めた戦略を大筋で固めているが、三原一晃代表は「当日、高田繁GMと吉田スカウト部長が話し合って最終的に決めることになる。そこで(1位が)変わる可能性もある」と説明した。

     DeNAは清宮に7球団が競合した昨年、東を単独指名。東は今季11勝を挙げ新人王が確実だ。14年の山崎、15年の今永、16年の浜口と近年の1位は大学生の即戦力路線を進み、それぞれが結果を出している。上茶谷は今春の東都大学リーグで1試合20奪三振の新記録を樹立。東都通算10勝を挙げている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00000073-spnannex-base

    引用元: ・DeNA、上茶谷1位指名へ!

    【DeNA、上茶谷1位指名へ! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/25(木) 06:41:21.02 ID:CAP_USER9
    日本ハムは25日のドラフト会議で、1位指名を金足農・吉田輝星投手(17)に転換する可能性があることが24日、分かった。
    大阪桐蔭・根尾昂内野手(18)が1位指名の最有力候補だったが、この日に実施された最終のスカウト会議で“吉田獲り”が急浮上した。

    午後3時に始まった前日会議。
    終了したのは4時間後、日が暮れた午後7時過ぎだった。
    その間、他球団は次々と1位指名を公表。根尾はヤクルト、巨人、中日が…。
    スマートフォンで情報を確認し、熟考を重ねる。吉村GMが決断に至った経緯の一端を説明した。

    「(1位指名は)決まりました。他球団の情報等も確認した上で、最終的には1人に絞りました。サプライズはあるかもしれない」

    他球団の情報で判断が左右されたことを認め、競合する可能性については「あえてノーコメントで」と吉村GM。
    複数球団で競合する根尾を避け、DeNAと一騎打ちで吉田獲得へ向かうもようだ。

    “清宮獲り”の実績を引っさげ、抽選役を務める木田GM補佐は「みんなで決めたドラフト1位。ファイターズに来てほしい気持ちは強いです」と静かに決意を語った。
    吉田を指名する可能性は高いが、直前に急転する可能性もある。
    いずれにしても球団としての方針である、その年のナンバーワンの選手を入札する

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00000028-dal-base
    10/25(木) 6:01配信

    引用元: ・【野球】日本ハム“吉田獲り”急浮上 DeNAと一騎打ち「サプライズあるかも」

    【【野球】日本ハム“吉田獲り”急浮上 DeNAと一騎打ち「サプライズあるかも」 】の続きを読む

    このページのトップヘ